ケイ素が持つ美容的効果と健康的効果

 

当サイトでは、「ケイ素」によるあらゆる美容効果、健康効果についてお伝えしています。

 

「ケイ素」とは何なのかといいますと、一言でまとめると、
「人間が生きていくために必要不可欠なミネラル成分」の事を指します。

 

では、ケイ素がもつ主な効果、特徴、摂取方法については、どのようなものがあるのでしょうか。

 

ケイ素が持つ効果・特徴・摂取方法


 

ケイ素が持つ主な効果
  • コラーゲンの活性化

    コラーゲンは肌や髪、爪、骨、血管、細胞など、組織と組織の繋がりを強くする効果を持っていますが、
    ケイ素はこのコラーゲンを活性化させる効果をもちます。

  • 活性酵素の除去

    活性酵素とは、人体を老化させる酵素なのですが、ケイ素はこの酵素を除去する働きを持っています。
    つまり、老化を抑止する効果を持っています。

  • デトックス作用

    デトックスとは身体に蓄積された毒素を体外に排出することを指します。
    ケイ素は人体に蓄積されている有害物質を体外に排出する効果を持っています。

 

ケイ素が持つ主な特徴
  • 身体機能に対して、間接的、総合的に関与し、健康効果、美容効果を促進させる

    ケイ素がもつ効果で、コラーゲンの活性化や活性酵素の除去などがありますが、
    その効果によって、人体に対して総合的な健康作用を促し、美容についても老化抑止や美肌を維持する特徴があります。

  • 人体では生成出来ないため体外からの摂取が必要

    ケイ素は人体では生成することが出来ません。また加齢と共に人体のケイ素含有量は減っていきます。
    そのため外部から摂取する必要があります。

 

ケイ素の主な摂取方法
  • ケイ素水(シリカウォーター、シリカ水)による摂取
  • ケイ素サプリメント(シリカサプリメント)による摂取

ケイ素の摂取は食事摂取でも可能ですが、食事だけでは充分なケイ素を摂取することができない為、ケイ素が豊富に含まれているケイ素水か、ケイ素を抽出したサプリメントの摂取が効果的であるという側面があります。

 

詳細はケイ素が持つ健康的効果の記事について、詳しく説明しておりますので、
興味をお持ちになられましたら一読頂ければと思います。

 

生命の起源「ケイ素」が持つ健康的効果

 

 

 

ケイ素が持つ美容効果と健康効果


 

それでは先ほど挙げました、ケイ素が持つ効果が具体的にどのように
美肌や美髪、健康、若返り、老化防止に繋がってくるのでしょうか。

 

以下にダイジェストでお伝えしていきます。

 

ケイ素が持つ美容効果で美肌、美髪へと促進させる

 

 

ケイ素が持つ効果に「コラーゲンの活性化」があります。
コラーゲンとは、肌、髪、爪、骨などを構成する成分の一つですが、
ケイ素はそのコラーゲンを活性化させる効果を持ちます。

 

純粋にコラーゲンのみを摂取する事でも確かに効果はあるのですが、
ケイ素の摂取によってコラーゲンが活性化されることで更に強い効果が得られます。

 

具体的には、細胞同士の結合を強くし、肌に潤いと弾力を与え、髪に瑞々しさを与え、
ひび割れることのない艶の良い爪を手に入れる事が出来ます。

 

ケイ素がもつ美容効果を詳しく知りたい方は、当記事を御一読頂ければと思います。

 

 

 

ケイ素が持つ健康的効果に着目したダイエット法

 

 

「肥満」というのは、単に運動不足や暴飲暴食から起きるものではありません。

 

知らないうちに摂取していた毒素は徐々に体内に蓄積し、身体を老化させる活性酵素を体内に充満されていきます。
そして血管内には中性脂肪やコレステロールが付着し、体内環境にも悪い影響を及ぼしていきます。

 

最終的には、活性酵素によってサビついた血管内には、毒素や脂でドロドロになった血液が流れ、
栄養素が充分に体中に行き渡らず、消化不良が発生します。

 

そして結果的に「肥満」へと至るのです。

 

このような劣悪な体内環境に対して、ケイ素が持つ有効な効果は、
「デトックス作用(解毒作用)」「活性酵素の除去」が該当します。

 

ケイ素によるダイエット法は体質を改善し、太りにくい身体を作り出す事を目的としています。
食事制限や運動してもなかなか効果が出ないという方は一読されてみるのをお勧めいたします。

 

 

 

ケイ素によるアンチエイジング効果

 

 

アンチエイジングとは一言で言えば「老化防止」の手法です。
そして老化現象が一番出やすい箇所といえば、肌や髪になります。

 

アンチエイジングとしてケイ素が持つ有効な効果は、
「活性酵素の除去」「コラーゲンの活性化」が該当します。

 

活性酵素は人体を老化させる酵素と言われているのですが、
ケイ素はその活性酵素を除去する効果を持っています。

 

また、肌や髪の毛の成分にはコラーゲンが含まれているのですが、
ケイ素にはそのコラーゲンを活性化させる効果を持っています。

 

これらの効果によって、肌や髪の毛の劣化を抑える事ができます。

 

肌や髪が影響してきますので、美容効果にも近い部分がありますが、
アンチエイジングという老化防止という側面に対しても、ケイ素は有効な効果を発揮します。

 

 

 

ケイ素による育毛対策、抜け毛対策

 

 

髪の毛の劣化による、抜け毛や薄毛、白髪の症状は女性にとっては大敵とも言える症状でもあります。

 

そのような症状に対して、ケイ素が持つ効果として有効なのは、「コラーゲンの活性化」が該当します。

 

髪の毛の成分にはコラーゲンの成分が強く関わっているというのは、美肌の項目や、アンチエイジングの項目で触れましたが、事実コラーゲンの活性化によって髪の毛の再生力と維持力が強くなります。

 

加えて、細胞同士の結束を強め、血管を強くし毛細血管の隅々にまで血液を行き渡らせることで、髪の毛一本一本に至るまで栄養素を伝え、白髪や抜け毛の無い、美しい髪を保持することが出来ます。

 

抜け毛や白髪が気になる方は御一読頂ければと思います。

 

 

 

 

 

ケイ素によって糖尿病を改善させる

 

 

糖尿病は一言で言うと「摂取したエネルギーを体内に取り入れることが出来ない」という病気です。

 

血液にブドウ糖が溢れ、糖分過多になる事で、部位欠損、失明、腎症にまで発展する極めて危険な病気でもあります。
そんな糖尿病に対して、にわかに注目を集め始めてきているのが「ケイ素」による健康的効果です。

 

該当するケイ素の効果は「コラーゲンの活性化」「抗酸化作用」です。

 

コラーゲンの活性化自体は他の項目でも幾度か触れてきましたが、
このコラーゲンの活性化自体、ケイ素が持つ最大の効果でもあります。

 

このコラーゲンの活性化によって血管を強くし、内臓機能を回復する事で、
低下している膵臓のインスリン分泌を改善させ、腎臓の解毒作用を強める事ができます。

 

そして抗酸化作用によって、体内の老化を抑止することで、
血管内や血液中に含まれる中性脂肪やコレステロールが除去され、
人体の機能をあるべき姿へと改善させていきます。

 

糖尿病を気にされている方、糖尿病予備軍の方は一度、御一読頂ければと思います。

 

 

以上になります。

 

ここまで、ケイ素がどのような美容効果や健康的効果を持つのかを、
ダイジェストとして駆け足でお伝えさせて頂きました。

 

如何でしたでしょうか?

 

「ケイ素」が持つ、美容的効果、健康的効果が、
お読み頂いているあなたに少しでも伝わったのでしたら幸いです。

 

尚、今回、ダイジェストで上げた記事以外にも、当サイトではケイ素が持つ効果の様々な側面から
美容や健康に対しての記事を用意しています。

 

「ケイ素」が人体にもたらす、美容効果、健康効果に対して理解を深めて頂き、
是非とも若さと健康、そして美しさを手に入れて頂ければと思います。

 

 

生命の起源「ケイ素」が持つ健康的効果

 

 

日本では、まだあまり知られてはいませんが、今後の高齢化社会を病気知らずで健康的に過ごすために、
確実に摂取しておくべき成分があります。

 

それが「ケイ素」と呼ばれる成分です。

 

「ケイ素」とは一体何なのでしょうか?
まずは、ジャンルを問わず箇条書きで幾つか挙げていきましょう。

  • 地球上で酸素の次に多い元素
  • 原子番号14の元素
  • 元素記号 「Si」
  • 別名「シリコン」「シリカ」
  • 生命の起源
  • 人間が生きていくために必要不可欠なミネラル
  • 本来人間の身体に存在している微量栄養素だが、人体で作り出すことが出来ないため外からの摂取が必要な物質

etc... etc...

 

その中でも今回はタイトルでも題しました通り、人の健康面に則した部分に焦点を当てて説明していきたいと思います。

 

ケイ素が持つ健康的効果


 

「ケイ素は人間が生きていくための必要不可欠なミネラルである。」

 

ということは、先ほど箇条書きの一つとして挙げさせていただきましたが、
実際、ケイ素はどのような効果を持つのでしょうか。

 

以下に詳細を説明させて頂きます。

ケイ素自体は、あなたご自身を含め人間の体の中のあらゆる細胞の中に存在しています。
具体的には、髪の毛、爪、血管、骨、歯、関節などに含まれています。

 

特に、特に骨を作る部分に集中しており、
人体の組織と組織を繋げる物質であるコラーゲンを強くし、骨の強化を手助けします。

 

また、人体の免疫力に強い影響を持ち、
髪の毛、爪、歯、などの再生力や維持力を補強する役割も持っています。

 

この中で、コラーゲンを強化するというのが、ケイ素が持つ最も特徴的なキーワードでもあります。

 

コラーゲンは人体の組織同士を繋げる役割を持つ物質なのですが、
それは骨、髪の毛、爪、歯などを補強するだけには留まりません。
血管や関節、肌、皮膚、免疫系など、人体のあらゆる部分に影響を持ちます。

 

つまり「ケイ素」とは人体の健康維持に欠かせない、
総合的な役割を担っている成分といっても言い過ぎではないほどの物質と言えるのです。

 

尚、前述したように「ケイ素」は日本ではあまり知られていない物質なので、あまりピンとこない部分もあるかと思いますが、ドイツなどのサプリメント先進国では、ケイ素が含まれるサプリメントなどは、一般家庭で常備されているほど日常に存在しています。

 

ケイ素が不足するとどうなってしまうのか


 

先ほどは、ケイ素がいかに健康的な効果を持つかをお伝えさせていただきました。
では、ケイ素が人体から不足してしまうとどうなってしまうのでしょうか。

 

ここまでお読みいただいたあなたでしたら、ご想像出来るかと思いますが、
ケイ素が持つ健康的効果の逆の事が発生します。

 

想像はしたくないのですが、具体的には…

  • 抜け毛、白髪、枝毛、脱毛
  • 肌の乾燥化、皮膚のたるみ、シワの増加
  • 爪の割れ、割け
  • 関節の悪化
  • 骨の弱体化
  • 血管の老化
  • 免疫系の老化

etc,etc...

 

さらに詳細を書きますと、骨の弱体化は骨粗しょう症、
血管の老化は動脈硬化、免疫系の老化はアトピーの発症、
生活習慣病である糖尿病、果てはガンにまで誘発する危険性を持っています。

 

ケイ素が不足すると原則的に体組織を繋げるコラーゲンの結束が弱まるため、このような症状が発生します。

 

ケイ素取得の必要性について


 

ケイ素がいかに人体の健康維持に必要不可欠な物質であるかご理解頂けたかと思います。
では、健康維持のためにはどのようにケイ素を摂取すれば良いのでしょうか。

 

まずケイ素がもつ特徴に以下の3つが存在します

  1. ケイ素は人体で作り出す事はできない
  2. 加齢とともにケイ素の貯蔵力が減少する
  3. 食事摂取では十分な量のケイ素を摂取することが出来ない

 

これは、そもそもの人体が持つ特徴と、食事摂取では必要な量のケイ素を摂取できないという部分になります。
この3つの問題を解消する方法として、ケイ素の摂取に関しては以下の2つが最適と言えます。

 

  1. ケイ素を含むミネラルウォーター(シリカ水)の摂取
  2. ケイ素を含むサプリメント(シリカサプリメント)の摂取

 

この2つは、海外の健康に意識の高い方々に関しては、すでに多くの方が利用されていますが、
日本にはまだあまり普及はしていない状況です。

 

特に「1」のケイ素を含むミネラルウォーターに関しては、日本では水素水のほうが重用されている状況です。
(水素水が悪いと言っているわけではありませんので誤解なきように。)

 

ケイ素はこれからの高齢化社会を健康的に過ごすには必須の栄養素です。

 

ケイ素をより効率良く摂取しているか、いないかで、
ご自身の健康や老後にも影響が出てくると言っても過言ではありません。

 

この記事を機会に健康対策の一つとして、
「ケイ素」というミネラル成分に視点を向けて頂ければ幸いです。

 


ケイ素によるアンチエイジング効果

 

「アンチエイジング」

 

健康や美容に対して意識の高い方はご存知かと思います。

 

アンチエイジングの事を一言で言えば「抗老化療法」です。

 

昨今の健康ブームや女性の美容面などから注目された単語で、
肌、皮膚、髪の毛、関節、などの身体的な衰えに対する改善や予防の事を指します。

 

アンチエイジングで使用される成分といえば・・・
ポリフェノールやエンザイム、オメガ3脂肪酸、コラーゲン、亜鉛、アミノ酸 ヒアルロン酸 etc..
が挙げられるでしょう。

 

実際に、健康系、美容系のサプリメントでは上記のような成分が使用されています。

 

上記成分が持つ効果としては身体の免疫力を改善したり、肌のツヤや弾力を取り戻したり、
血糖値対策や、血液の改善、腸内環境の改善など効果は様々です。

 

このようなアンチエイジングとして使用される成分に、
「ケイ素」が健康面、美容面において有効であるということが分かり、徐々に注目され始めてきています。

 

今回はこのケイ素が持つアンチエイジング効果についてお伝えして行きます。

 

 

ケイ素が持つアンチエイジング効果


 

まず、ケイ素が持つアンチエイジング効果についてですが、以下の3つがあります。

 

  1. コラーゲン活性化作用による細胞同士の結びつきの強化
  2. デトックス作用による体内の毒素排出
  3. 抗酸化作用による活性酵素の除去
コラーゲン活性化作用による細胞同士の結びつきの強化

この効果はケイ素がもつ最大の特徴とも言えます。

 

コラーゲン自体は肌の結合組織を主に構成しており、
摂取することで美肌効果を持つなどアンチエイジングの一つの成分として以前から挙げられている成分です。

 

ケイ素はこのコラーゲンを活性化させ人体の細胞同士の結びつきをより強化させます。

 

コラーゲンが活性化されることで、肌の弾力やツヤが増し、
細胞同士の結合も活発になり、内面的にも外見的も若々しくなることが出来ます。

 

デトックス作用による体内の毒素排出

大気汚染によって普通に呼吸するだけで体内に有害物質が蓄積されていたり、
日々の偏食によって血管や血液に含まれた中性脂肪や悪玉コレステロールを
蓄積していたりと、現代社会では常に毒素が体内に蓄積されていく状況です。

 

ケイ素には体内に蓄積された老廃物や有害物質を体外に排出する
デトックス(解毒)効果を持っています。

 

毒素を体外に排出することで、栄養素を吸収しやすくなり、
自然治癒力も戻り、サラサラで綺麗になった血液によって栄養素を吸収しやすくなります。

 

抗酸化作用による活性酵素の除去

ケイ素には、活性酵素と呼ばれる人体を老化させる酵素を除去する効果があります。

 

活性酵素が体内に充満することで罹る病気には、動脈硬化や糖尿病、アトピーなどがあります。

 

慢性的な生活習慣病の原因に、ほぼ活性酵素が関わっていると言われるほど、
非常に厄介な酵素なのですが、ケイ素はこの活性酵素を除去する効果を持っています。

 

活性酵素が除去されることで、人体に対する老化を防ぐことが出来ます。

 

 

ケイ素を使ったアンチエイジング方法


 

ケイ素が持つアンチエイジング効果については、おわかり頂けたかと思います。
では、どのような方法でケイ素を使ったアンチエイジングを行うのでしょうか。
ケイ素が含まれているサプリメントや美容系の化粧品などにもよりますが大別しますと以下の3つになります。

 

  1. 塗布する
  2. 摂取する
  3. 他の成分と併用する
塗布する

主に「ケイ素が含まれている美容系の化粧品」に関しては、この「塗布する」という方法が該当します。
肌に塗ったり、または水溶性のケイ素を水に溶かして、スプレーとして肌に振りかけたりといった方法があります。

 

摂取する

肌に塗布するのではなく、体内に摂取してデトックスを行ったり、活性酵素を除去したりする方法になります。
一番一般的な方法でもありますが、強く効果を期待できる方法でもあります。
ケイ素サプリメントや、ケイ素水、ケイ素を多く含んだ食品の摂取によって実施する方法になります。

 

他の成分を併用する

ケイ素は人体の健康に対して、総合的かつ間接的に働きかける効果を持っています。
そのため、美肌効果のあるコラーゲンを摂取しながら、コラーゲンを活性化させるケイ素を摂取する。
という方法を取れば、よりアンチエイジングに対して強い効果を発揮することが出来ます。

 

以上の3つになります。

 

ケイ素と言っても、ミネラルウォーターやサプリメント、食品、化粧品など色々なものがあります。
ご自身の用途にあった方法を選んで頂ければと思います。


人気シリカ水を試しのみ!

毎日、水やお茶をメインに飲んでいる主婦です。
最近水道水が生臭いと感じることが多くなり、水にもこだわりたいと思っていました。
ネットの広告で見つけたのが「シリカ水」というものです。

 

シリカは身体にとって必須ミネラルで、きれいな髪や爪を作るのに欠かせないらしいです。
最近髪の毛がぼさぼさなのは、加齢のせいだけではなく飲んでいるものが悪いから?と、シリカ水を試してみることにしました。

 

 

フィジーウォーター

 

最初に試したのが、楽天で見つけたフィジーウォーターです。

 

海外のセレブも飲んでいる、完全無添加のシリカ水ということで頼んでみました。
500ml×6本お試しパック1,200円(送料込)です。

 

外国の水ということで大丈夫かなと思っていましたが、透明でとてもきれいで一安心。

 

 

フィジーのヤンガラビチレブというとこから採水しているそうです。

 

シリカ含有量は、1リットルあたり92mg。
カルシウムやマグネシウムも入っていて、身体によさそうな感じです。

 

飲んでみました。

 

そのまま飲んでも、生臭さや変なにおいはまったくありません。
のど越しもよく、飲みやすいお水です。

 

一日で500ml一本飲んでみたのですが、便秘だったのが、その日のうちにお通じがありすっきりしました。
いつも水道水やお茶をたくさん飲んでもお通じがこないときもあるのに、フィジーウォーターのおかげかなと思います。

 

外国産ですが、日本語のかわいいチラシも入っています。

シリカに関する説明も書いてあるので親しみが持てます。

 

アイランドチル

 

つぎに試したのが、アイランドチルです。

 

こちらもお試しパックがあり、500ml×6本、1,000円(送料込)です。

 

すらっとしたボトルで、中身は完全に透明。

 

 

ビティレブ島というところで採水されています。
シリカ含有量は1リットルあたり97mg。
こちらもカルシウムやマグネシウム、カリウムも不足しがちなミネラルを補えそうです。

 

くせもなく、においもないのでとても飲みやすいです。

やわらかい感じのするお水でした。

 

日本語のチラシ

シリカのことや効果的な飲み方も書いてあるので、はじめてシリカ水を飲むひとも、安心して飲めると思います。

 

外国産のもの2種類比べて

 

 

フィジーウォーターもアイランドチルも、どちらも飲みやすかったです。
フィジーウォーターのほうはお通じが良くなった感じがありましたが、アイランドチルはとくに身体の変化は感じられませんでした。

 

冷蔵庫にいれて冷やして飲むと、さらにのど越しがよくなって美味しいです。
沸騰させて白湯で飲んでも、味に変わりはありませんでした。

 

日本産「美ウォーター」と比較

 

最後に試したのがこちら美ウォーターです。

 

フィジーウォーターとアイランドチルは外国で採水されていますが、
美ウォーターは宮崎県の北霧島で採水されていて、国産シリカ水なのが特徴です。

 

ボトルは丸みを帯びていて、ピンクでかわいいです。
3本お試し500円(送料込)でした。

 

 

シリカ含有量は1リットルあたり97mg。

 

カルシウム、カリウム、ナトリウム、マグネシウムも含まれています。

 

 

3種類飲んでみて、私は美ウォーターが一番飲みやすいと感じました。
どれものど越しは良いのですが、美ウォーターが一番やわらかい感じがして、口当たりが良いです。

 

3種類比較

 

 

  フィジーウォーター アイランドチル 美ウォーター
ナトリウム 1.8mg 3.7mg 1.8mg
カルシウム 1.8mg 2.6mg 3.1mg
マグネシウム 1.5mg 1.3mg 1.4mg
カリウム 0.5mg 0.24mg 0.57mg
シリカ 92mg 97mg 97mg
バナジウム 34μg
サルフェート 30mg
硬度 105mg 117mg 130mg

 

口当たりはほぼ同じ3種類ですが、成分を見るとそれぞれ特徴があることが分かります。

 

フィジーウォーターは他の2種類に比べて、ほとんどの成分量が少なめ。
マグネシウムは他2種類に比べて多いのですが、マグネシウムは摂り過ぎてしまうと腸における水分の吸収を阻害し、
下痢になってしまうという特徴があるそうです。

私のお通じが良くなったのも、これが原因かもしれません。

 

アイランドチルと美ウォーターを比べると、美ウォーターのほうがカルシウム、カリウムを多く含んでおり、
さらに美ウォーターは他の2種には入ってないバナジウムとサルフェートも含んでいることがわかります。

 

バナジウム

バナジウムとは身体にとって必要不可欠なミネラルの一種で、体内では作ることができない物質。
バナジウムが不足すると、成長不良や生殖器機能低下、抜け毛などのトラブルが起こってしまうそうです。

 

サルフェート

サルフェートは、体内から有害物質や毒素を排出するデトックス効果の高い物質で、
サルフェートが不足すると、新陳代謝が悪くなり老化の原因にもなるそうです。

 

水を飲むだけでこれらの成分を摂取できるのは、お手軽簡単で良いと思いました。
硬度(ミネラルがどれだけ含まれているかの基準値)はどれも100〜300mgで中硬水です。

 

中硬水にはミネラル補給のほか、むくみを取ったり、疲労回復したり、
汗をかいたとき効果的に水分補給ができるという特徴があり、
日本の水道水やミネラルウォーターのほとんどが軟水なので、
意識して中硬水を飲むことで不足しがちな成分を補っていけると思います。

 

3種類比較してみた結果、成分、口当たり両方で、私は「美ウォーター」が気に入りました。やはり日本人には日本産のお水が合うのではないかと思います。

 

お試し3本飲みきった結果、お通じもよくなり髪のまとまりも良くなってきました。
今後も定期購入して、美ウォーターを続けていきたいです。

 

 


このページの先頭へ戻る