ケイ素を含む食品ランキングTOP10

ここではケイ素を含んでいる食品をランキング形式でご紹介していきます。
健康面の維持、美容効果に期待したい人はどの食材に含まれているか理解することで
シリカを効果的に摂取することができるでしょう。

 

キビ

キビ

 

100g中500mg

 

イネ科の食材で穀類に該当するものです。
サトウキビもこの穀類に該当する食材です。

 

大麦

大麦

 

100g中233mg

 

こちらもイネ科に属する穀物で日本でも多く栽培されています。
ケイ素も多く含まれていますがカロリーも高いので食べすぎにはご注意を!

 

じゃがいも

じゃがいも

 

100g中200mg

 

ナス科に属する食べ物でデンプンを多く含む食材としても知られています。

 

小麦

小麦

 

100g中160mg

 

非常に使用用途の多い小麦。
パンやうどんなど日常的に食するものに多く含まれています。こちらもややカロリーは高め。

 

青海苔

青海苔

 

100g中62mg

 

アオサ科に属する海藻。
独特の風味の良い香りが特徴でお味噌汁に入れたり、焼きそばやお好み焼きなどに利用するケースが多いですね。

 

赤カブ

赤カブ

 

100g中21mg

 

アブラナ科に属する根菜の一つで日本でもよく料理に使用される食材の一つ。
カロテンやビタミンC、食物繊維を多く含んでいます。

 

米ぬか

米ぬか

 

100g中10mg

 

米を精白した際に出る種皮や胚芽。
コレステロールの吸収を抑えるガンマーオリザノール、紫外線予防に効果的なフェルラ酸などが配合されています。

 

かぼちゃ

かぼちゃ

 

100g中7mg

 

瓜科に属する食べ物でカロテンやビタミンを多く含んでいます。
硬くて丸い形状が特徴的な緑黄色野菜。

 

乾燥わかめ

乾燥わかめ

 

100g中7mg

 

昆布目チガイソ科に属する海藻で日本でも代表的な海藻の一つ。
アルギン酸と肥満予防効果が期待できるフコキサンチンが含まれています。

 

玄米

玄米

 

100g中5mg

 

籾殻を除去していない状態の米。
とても栄養価が高く、ケイ素以外にはビタミンやミネラル、食物繊維が多く含有されています。


以上、ケイ素を多く含有している食材についてご紹介してきました。

 

ご覧のように上位を占めているのは穀類ばかり。
日常的によく口にしているものばかりなので食材の調達や摂取に苦労することはないでしょう。

 

ただしケイ素の多さに比例してカロリーが高いものも多くなっています。
あまり食べ過ぎてしまうと肥満の原因となってしまうので注意したいところです。

関連ページ

一歩先のケイ素(シリカ)サプリの選び方
ケイ素サプリメントの種類にも様々あります。ここでは、ケイ素サプリの種類とその選び方について説明します。
ケイ素によって糖尿病を改善させる?!
生活習慣病の一つであり、難病の一つでもある糖尿病。この糖尿病に対して「ケイ素」が糖尿病改善に効果的であることが解ってきました。
【必読】ケイ素による薄毛・抜け毛・白髪対策
ケイ素は、薄毛や抜け毛、白髪、育毛などにも効果があります。ケイ素を使った対策についてお伝えいたします。
ケイ素水やケイ素サプリメントが持つ副作用と危険性
ケイ素が持つ健康的効果が最近注目されております。そんなケイ素ですが、副作用や危険性についてはどうなのでしょうか?そのような疑問にたいして副作用や危険性についてまとめました。
ケイ素が持つ健康的効果に着目したダイエット法
ケイ素を使用したダイエット法は、一言で言うと「ケイ素の持つ健康的効果によって太りにくい身体にする」というダイエット法です。
ケイ素が持つ効果でアトピー性皮膚炎を改善する
ケイ素がアトピー性皮膚炎にどのように働くのか?またケイ素を利用してのアトピー性皮膚炎改善法についてお伝えします。
有効とされるケイ素の摂取方法とは?
ケイ素は食品、サプリメント、水、などから摂取できますが、1日どれぐらい摂取し、どのような摂取方法があり、どのような食品にケイ素が含まれているのでしょうか?
ケイ素が持つ美容効果で美肌、美髪へと促進させる!
美肌効果や美髪効果に良いとされる化粧品や化粧水、サプリメントがあまり効き目がないという場合に、「ケイ素」という成分に着目して試してみるのも良いかもしれません。
ケイ素で尿酸値は下がる?ケイ素が体にもたらす嬉しい効果
ケイ素には、体の代謝機能を促進させる作用があるため、尿酸値を改善する効果が期待できると言われています。
ケイ素によるガン治療、ガン予防対策方法
現代では非常に死亡率の高い病気の一つなのがガンです。そんなガン治療、ガン予防に対して「ケイ素」が持つ健康的効果が有効である事が解ってきました。
ケイ素摂取がヘモグロビンA1Cの数値の改善に結びつく
ケイ素には直接ヘモグロビンA1Cの数値を下げる働きがあるという報告はありません。しかし、ヘモグロビンA1Cの数値がケイ素で下がるという症例があるのも真実です。

このページの先頭へ戻る