ケイ素が持つ効果でアトピー性皮膚炎を改善する

 

アトピー性皮膚炎。

 

この病気の症状としては、腕や背中、首周りなどに慢性的な痒みが常に発症します。
アトピー患者は、肌荒れという外観の損ない以外にも、常に発生する痒みに耐えて日常生活を送ることになります。

 

アトピー性皮膚炎は子供から大人まで年代関係なく発症する皮膚炎で、
原因の特定、完治が難しいため、治療が完了しても再発しやすい皮膚病です。

 

ステロイドなどのかゆみ止めを使用して一時的な措置を行い、
長い時間をかけて原因を特定しながら根気よく治療するのが主な治療方法になります。

 

このように、アトピー性皮膚炎は非常に困難かつ厄介な病気なのですが、
このアトピー性皮膚炎の改善に「ケイ素」が効果的であるという声があります。

 

今回は、ケイ素が持つ効果が、アトピー性皮膚炎に対してどのように効果的かをお伝えしていきます。

 

 

ケイ素が持つ効果とアトピー性皮膚炎の関係性

 

アトピー性皮膚炎に対して、ケイ素が持つ効果で有効的なものがいくつかあります。

 

全身の細胞を活性化させ肌や皮膚を若返らせる

「ケイ素」は主に肌や皮膚を若返らせる効果を持っています。

 

ケイ素は、細胞の結びつきを補助するコラーゲンの生成を助けるため、
アトピー性皮膚炎で炎症をおこしてしまった箇所の修復を早め、
全身の細胞を活発にし、人体が持っている本来の治癒力を戻すことが出来ます。

 

自然治癒力を高めることで、炎症部分を抑え、悪化を防ぐことが出来るようになります。

 

活性酸素を除去し身体の老化を防ぐ

活性酸素とは、一言で言うと「人体を老化させる物質」です。

 

アトピー性皮膚炎の場合は、皮膚の免疫力低下、もしくはアレルゲンによる過剰反応を発生させ、
結果的に人体に対して炎症や慢性的な痒みを引き起こします。

 

活性酸素は、生きている以上完全に取り除くことは出来ませんが、
ケイ素はこの活性酸素を可能な限り取り除くことが出来ます。

 

ケイ素の摂取によって、体内の活性酸素を取り除くことで、
免疫力自体が低下していたり、アレルゲンに対して過剰反応起こしたりする部分に対して
免疫系機能を改善することが出来ます。

 

体内の毒素を体外に排出するデトックス効果

デトックスとは体内の毒素を体外に排出することなのですが、
デトックス効果は、ケイ素が持つ効果として主に謳われているものの一つとしても挙げられています。

 

アトピー性皮膚炎に対しても例外ではなく、
ケイ素の摂取によって体内の有害物質を体外に排出することで、
アトピー性皮膚炎の原因になっていた有害物質を体外に排出することが出来ると考えられています。

 

以上のように、ケイ素が持つ効果とアトピー性皮膚炎の関係性を挙げさせて頂きました。

 

また、ケイ素は天然のミネラル成分でもありますので、毒性も副作用もないのも特徴です。
安全性も高いため、アトピー改善に対して悩んでいる方は、一度考慮してみるのも宜しいかと思います。

 

 

ケイ素を使用したアトピー性皮膚炎の改善方法

 

それでは、アトピー性皮膚炎に対して、
ケイ素をどのように使用して改善していくかをお伝えしましょう。

 

水溶性のケイ素や濃縮されたケイ素水を飲料水やお茶などに少量入れて飲む

ケイ素は、肌の若返りや、活性酸素の除去、デトックス効果と、
人間が生きていく上で非常に有効な効果を持っています。

 

市販で販売されている水溶性のケイ素や、濃縮されたケイ素水を、
普段飲んでいる飲料水や、お茶などに少量入れて飲むことで、アトピー性皮膚炎の改善を助けられます。

 

濃縮されたケイ素水を水で希釈して痒みのある皮膚に塗布する

ケイ素は浸透率が非常に高く、人体に吸収されやすいため、
アトピー性皮膚炎が発症している患部に、直接ケイ素水を塗布することでも、
アトピー性皮膚炎を改善させることが出来ます。

 

痒みを抑えて肌の免疫力も崩すような副作用を持つ、
ステロイド軟膏やイソジンゲルよりは、安全性は高いと言えるでしょう。

 

ケイ素と(医者で処方、市販で販売されているアトピー性皮膚炎の藥)の併用

医者から処方されていたり、市販で販売されている
アトピー性皮膚炎の薬とケイ素を併用する方法もあります。

 

例えば、ケイ素の高い浸透率を利用して、ケイ素サプリメントと一緒に処方されていた薬を経口摂取したり、
塗布する際にケイ素水と一緒に塗布したりするなどする方法があります。

 

また、医者から処方された薬を使用して一時的にアトピー性皮膚炎による痒みを抑えつつ、
ケイ素を摂取して体内の毒素を排出し、根本治療を行うなどの方法もあります。

 

主な使用方法として以上の3つが挙げられます。

 

アトピー性皮膚炎に悩んでいる方で、なかなか症状が改善されない方は、
ケイ素を取り入れてみるのも一つの方法かと思います。


関連ページ

一歩先のケイ素(シリカ)サプリの選び方
ケイ素サプリメントの種類にも様々あります。ここでは、ケイ素サプリの種類とその選び方について説明します。
ケイ素を含む食品ランキングTOP10
ケイ素を含んでいる食品をランキング形式でご紹介していきます。健康面の維持、美容面でお役立て下さい。
ケイ素によって糖尿病を改善させる?!
生活習慣病の一つであり、難病の一つでもある糖尿病。この糖尿病に対して「ケイ素」が糖尿病改善に効果的であることが解ってきました。
【必読】ケイ素による薄毛・抜け毛・白髪対策
ケイ素は、薄毛や抜け毛、白髪、育毛などにも効果があります。ケイ素を使った対策についてお伝えいたします。
ケイ素水やケイ素サプリメントが持つ副作用と危険性
ケイ素が持つ健康的効果が最近注目されております。そんなケイ素ですが、副作用や危険性についてはどうなのでしょうか?そのような疑問にたいして副作用や危険性についてまとめました。
ケイ素が持つ健康的効果に着目したダイエット法
ケイ素を使用したダイエット法は、一言で言うと「ケイ素の持つ健康的効果によって太りにくい身体にする」というダイエット法です。
有効とされるケイ素の摂取方法とは?
ケイ素は食品、サプリメント、水、などから摂取できますが、1日どれぐらい摂取し、どのような摂取方法があり、どのような食品にケイ素が含まれているのでしょうか?
ケイ素が持つ美容効果で美肌、美髪へと促進させる!
美肌効果や美髪効果に良いとされる化粧品や化粧水、サプリメントがあまり効き目がないという場合に、「ケイ素」という成分に着目して試してみるのも良いかもしれません。
ケイ素で尿酸値は下がる?ケイ素が体にもたらす嬉しい効果
ケイ素には、体の代謝機能を促進させる作用があるため、尿酸値を改善する効果が期待できると言われています。
ケイ素によるガン治療、ガン予防対策方法
現代では非常に死亡率の高い病気の一つなのがガンです。そんなガン治療、ガン予防に対して「ケイ素」が持つ健康的効果が有効である事が解ってきました。
ケイ素摂取がヘモグロビンA1Cの数値の改善に結びつく
ケイ素には直接ヘモグロビンA1Cの数値を下げる働きがあるという報告はありません。しかし、ヘモグロビンA1Cの数値がケイ素で下がるという症例があるのも真実です。

このページの先頭へ戻る