ケイ素によって糖尿病を改善させる

 

糖尿病は血液に含まれる糖分が高くなる病気です。

 

血糖値を下げるホルモン物質である「インスリン」が足りなくなる事で、
血液中にブドウ糖が溢れ、エネルギーとして取り入れることが出来くなります。

 

糖尿病の症状

食事をとっても、体内の細胞にエネルギーが行き渡らない状態になり、
自覚症状が全く無い状態が続き、自覚症状が出始める頃は、
常に空腹感や喉の渇き、慢性的な疲労感がつきまといます。

 

進行すると、細胞の壊死による部位切断、網膜症による失明、
血管障害による腎症などの合併症が発生します。

 

現代の生活習慣病であり、難病の一つともいわれるのがこの糖尿病です。

 

糖尿病は血液の病気ですので、血糖値が上がりにくい食事や、
有酸素運動や薬物の摂取で血糖値コントロールするのが主な対策です。

 

上記対策に加え、ケイ素水の摂取を併用することで、
糖尿病対策として効果的であるという事例が幾つか報告されております。

 

ケイ素水の摂取で血糖値やヘモグロビンa1cが下がった事例報告


 

では、具体的にはどのような事例報告があったのでしょうか。

 

  • 事例1

    血糖値の正常値110以下に対して197の高血糖だった方は、
    普段の薬物に加えて、ケイ素水を摂取することで、約1ヶ月で118まで下がったという事例報告がありました。

  • 事例2

    同様に、血糖値の正常値110以下に対して158の血糖値だった方は、
    約1ヶ月のケイ素水摂取より、119にまで下がったという事例報告がありました。

  • 事例3

    糖尿病の合併症の進行と深く関わる指標の一つである、
    ヘモグロビンa1cに関しても、正常値6.2以下に対して9.5以上という糖尿病患者が、
    ケイ素水を1ヶ月摂取することで正常値である6.5にまで下がった。
    という事例報告がありました。

 

もちろん事例には個人差はあるのですが、これらのようなケイ素水の摂取によって、
このような、にわかにはあまり信じ難い事例報告がなされています。

 

ケイ素水の摂取で何故、血糖値やヘモグロビンa1cが下がるのか


 

では何故、このような事例報告が何件もされているのでしょうか。

 

ケイ素が持つ効果がどのように、血糖値やヘモグロビン1acに影響が出たのか、
以下に順を追って説明していきたいと思います。

 

まず前提として、ケイ素自体には直接血糖値を下げたり糖尿病を治す効果は有りません。

 

ですが、ケイ素にはコラーゲン活性化による細胞の強化で、血管や内臓を強くする作用があります。
具体的には、身体に悪い脂や、高血糖によってドロドロになった
血液を運んでいる血管を強化し、吸収力が落ちてきている内臓を回復します。

 

また、抗酸化作用という身体をサビさせて老化させる「活性酵素」に対しても除去して体外に排出するという効果があります。
こちらに関しては、血管内に付着したコレステロールや、血液中の中性脂肪を取り除き、血液がサラサラになります。

 

このようにケイ素には「血糖値を下げる」といった直接的な効果は無いのですが、

身体の各機能を総合的に回復させる効果を持っています。

 

この効果に加えて、普段の血糖値対策用の薬物の摂取や、食事、運動を併用して取り入れることで、
効果も相乗的になり、事例報告のように1ヶ月前後という短期間で効果が出たという背景にも繋がります。

 

 

ケイ素の摂取によって糖尿病を予防する


 

今までの説明で、ケイ素が人体の健康に対して
総合的な役割を持っているということはご理解頂けたかと思います。

 

特に糖尿病に対しては以下の2つの効果が、
間接的に強く働いている事がおわかり頂けたかと思います。

 

  • 「コラーゲン活性化」による「血液、血管の症状の回復」「内臓機能の回復」
  • 「抗酸化作用」による「活性酵素、中性脂肪の除去」

 

ケイ素が人体にもたらす効果に対して、正しいメカニズムを知り、
そのメカニズムを糖尿病のような治療の難しい生活習慣病に対して有効に使っていく事ができれば、
より効果的に糖尿病予防を実施できるようになります。

 

現在、糖尿病にかかっている方や、血糖値が正常値を越えつつあるという方は、
「ケイ素の摂取」に関して視野を広げてみるのも一つの選択肢でもあります。


関連ページ

一歩先のケイ素(シリカ)サプリの選び方
ケイ素サプリメントの種類にも様々あります。ここでは、ケイ素サプリの種類とその選び方について説明します。
ケイ素を含む食品ランキングTOP10
ケイ素を含んでいる食品をランキング形式でご紹介していきます。健康面の維持、美容面でお役立て下さい。
【必読】ケイ素による薄毛・抜け毛・白髪対策
ケイ素は、薄毛や抜け毛、白髪、育毛などにも効果があります。ケイ素を使った対策についてお伝えいたします。
ケイ素水やケイ素サプリメントが持つ副作用と危険性
ケイ素が持つ健康的効果が最近注目されております。そんなケイ素ですが、副作用や危険性についてはどうなのでしょうか?そのような疑問にたいして副作用や危険性についてまとめました。
ケイ素が持つ健康的効果に着目したダイエット法
ケイ素を使用したダイエット法は、一言で言うと「ケイ素の持つ健康的効果によって太りにくい身体にする」というダイエット法です。
ケイ素が持つ効果でアトピー性皮膚炎を改善する
ケイ素がアトピー性皮膚炎にどのように働くのか?またケイ素を利用してのアトピー性皮膚炎改善法についてお伝えします。
有効とされるケイ素の摂取方法とは?
ケイ素は食品、サプリメント、水、などから摂取できますが、1日どれぐらい摂取し、どのような摂取方法があり、どのような食品にケイ素が含まれているのでしょうか?
ケイ素が持つ美容効果で美肌、美髪へと促進させる!
美肌効果や美髪効果に良いとされる化粧品や化粧水、サプリメントがあまり効き目がないという場合に、「ケイ素」という成分に着目して試してみるのも良いかもしれません。
ケイ素で尿酸値は下がる?ケイ素が体にもたらす嬉しい効果
ケイ素には、体の代謝機能を促進させる作用があるため、尿酸値を改善する効果が期待できると言われています。
ケイ素によるガン治療、ガン予防対策方法
現代では非常に死亡率の高い病気の一つなのがガンです。そんなガン治療、ガン予防に対して「ケイ素」が持つ健康的効果が有効である事が解ってきました。
ケイ素摂取がヘモグロビンA1Cの数値の改善に結びつく
ケイ素には直接ヘモグロビンA1Cの数値を下げる働きがあるという報告はありません。しかし、ヘモグロビンA1Cの数値がケイ素で下がるという症例があるのも真実です。

このページの先頭へ戻る