ケイ素による薄毛・抜け毛・白髪対策

 

ケイ素には、薄毛や抜け毛、白髪、育毛などにも効果があります。

 

以前紹介した記事では、ケイ素が持つ特徴的な効果として、
細胞同士を繋げる役割を持つコラーゲンを強化する効果があるとお伝えしました。

 

簡単におさらいしますと・・・

コラーゲンが強化されることで、髪の毛、皮膚、爪などの組織の再生力や維持力が強くなり、

抜け毛や皮膚のシミ、爪のひび割れを予防出来るようになります。

 

今回は、ケイ素が持つ効果の一つである、薄毛、脱毛、養毛、育毛といった、
髪の毛に関する部分に焦点を当ててお伝えしていきます。

 

 

薄毛、抜け毛、白髪のメカニズム


 

薄毛や白髪は老化現象の一つとも言えます。
ですが、若くして薄毛や脱毛、白髪などに悩まされている方も見受けられます。
それは何故でしょうか?

 

それは、身体の内部の機能が衰えているのが要因です。
そして、この老化現象を発生させているのは「活性酵素」と呼ばれる酵素が原因です。

 

活性酵素によって身体がサビつく(酸化)事で、内臓の機能を低下させ、
血管の弾力を失い、摂取した栄養が細胞の隅々にまで渡らず、新陳代謝を低下させます。
結果的に、頭髪を生成する毛母細胞に栄養素が行き渡らずに抜け毛や白髪といった現象が発生します。

 

どんなに良い栄養を摂っていても、頭皮にまで栄養が届かなければ、
髪の毛は生えることなく抜けてしまったり、白髪になってしまいます。

 

これが、薄毛、抜け毛、白髪のメカニズムです。

 

 

ケイ素と育毛、養毛、発毛の関係性


 

この薄毛や抜け毛、白髪の解消対策として、ケイ素による育毛対策が挙げられます。

 

ケイ素が持つ効果の一つとして、「コラーゲンを活性化させる」効果があるとお伝えしました。

 

コラーゲンが活性化する事によって髪の毛や皮膚の再生力は高くなります。
また、ケイ素の持つ「コラーゲン活性化」の効果は血管も強くします。
血管が強くなることによって、血液が全身の毛細血管の末端にまで行き渡るようになります。
血液が全身に行き渡ることで、髪の毛を作り出す毛母細胞にまで、栄養素が届き発毛へと至ります。

 

このように、ケイ素は育毛や発毛に対して非常に有効な効果を持っています。

 

まとめますと、ケイ素が持つ「コラーゲン活性化」による以下2つの効果によって、
育毛、発毛を補強するという事になります。

 

  • 髪の毛の再生力、維持力を強くする
  • 血管を強くし、栄養素を全身に毛細血管に行き渡らせる

 

ケイ素による薄毛、抜け毛、白髪対策方法


 

抜け毛や白髪のメカニズムと、ケイ素の摂取による
育毛対策についてはご理解いただけたかと思います。

 

では、次はケイ素を使った具体的な対策方法についてお伝えしていきます。

 

大きく分けて3つあります。

 

  1. 育毛剤やシャンプーなどにケイ素を混ぜて使用する
  2. 頭皮に直接ケイ素を塗布して使用する
  3. ケイ素を体内に摂取する

 

育毛剤やシャンプーなどに混ぜて使用する

美容系のケイ素サプリメントや、ケイ素水では、市販の育毛シャンプーや
育毛剤などに混ぜて使用するという方法が推奨されています。

 

この方法はケイ素が持つ浸透力と洗浄力を利用した方法で、
育毛剤の持つ成分を、ケイ素の浸透力によって効果を上げ、
加えてケイ素のコラーゲン活性化の効果も手伝い、髪の毛の細胞に直接届かせる方法になります。

 

頭皮に直接塗布して使用する

この方法も「1」同様にケイ素が持つ浸透力と洗浄力を利用した方法になります。
違うところは混ぜずに頭皮に直接塗布するところになります。

 

やり方は簡単で、ケイ素を水に溶かしたものをスプレー容器に入れて、
頭皮に直接スプレーしてマッサージを行うという方法になります。

 

頭皮に張り付いている余分な脂分を除去され、髪の毛の衰えを抑止することが出来るようになります。

 

ケイ素を体内に摂取する

こちらは、最も一般的な方法です。

 

ケイ素を体内に摂取する事で、コラーゲンを活性化させ、
活性酵素を除去し、体内環境の老化現象を解消する方法です。

 

「1」「2」のいずれかと併用することで、より頭髪に対して、発毛を促し、
白髪が黒髪に戻ったりといったという効果も期待できます。

 

以上の3つになります。

 

抜け毛や白髪が気になる方は、育毛剤の私用や、髪の毛のケアの際に、
このようなケイ素を使った方法を視野に入れてみるのも良いかもしれません。


関連ページ

一歩先のケイ素(シリカ)サプリの選び方
ケイ素サプリメントの種類にも様々あります。ここでは、ケイ素サプリの種類とその選び方について説明します。
ケイ素を含む食品ランキングTOP10
ケイ素を含んでいる食品をランキング形式でご紹介していきます。健康面の維持、美容面でお役立て下さい。
ケイ素によって糖尿病を改善させる?!
生活習慣病の一つであり、難病の一つでもある糖尿病。この糖尿病に対して「ケイ素」が糖尿病改善に効果的であることが解ってきました。
ケイ素水やケイ素サプリメントが持つ副作用と危険性
ケイ素が持つ健康的効果が最近注目されております。そんなケイ素ですが、副作用や危険性についてはどうなのでしょうか?そのような疑問にたいして副作用や危険性についてまとめました。
ケイ素が持つ健康的効果に着目したダイエット法
ケイ素を使用したダイエット法は、一言で言うと「ケイ素の持つ健康的効果によって太りにくい身体にする」というダイエット法です。
ケイ素が持つ効果でアトピー性皮膚炎を改善する
ケイ素がアトピー性皮膚炎にどのように働くのか?またケイ素を利用してのアトピー性皮膚炎改善法についてお伝えします。
有効とされるケイ素の摂取方法とは?
ケイ素は食品、サプリメント、水、などから摂取できますが、1日どれぐらい摂取し、どのような摂取方法があり、どのような食品にケイ素が含まれているのでしょうか?
ケイ素が持つ美容効果で美肌、美髪へと促進させる!
美肌効果や美髪効果に良いとされる化粧品や化粧水、サプリメントがあまり効き目がないという場合に、「ケイ素」という成分に着目して試してみるのも良いかもしれません。
ケイ素で尿酸値は下がる?ケイ素が体にもたらす嬉しい効果
ケイ素には、体の代謝機能を促進させる作用があるため、尿酸値を改善する効果が期待できると言われています。
ケイ素によるガン治療、ガン予防対策方法
現代では非常に死亡率の高い病気の一つなのがガンです。そんなガン治療、ガン予防に対して「ケイ素」が持つ健康的効果が有効である事が解ってきました。
ケイ素摂取がヘモグロビンA1Cの数値の改善に結びつく
ケイ素には直接ヘモグロビンA1Cの数値を下げる働きがあるという報告はありません。しかし、ヘモグロビンA1Cの数値がケイ素で下がるという症例があるのも真実です。

このページの先頭へ戻る